2018.07.08

虹もかかって♡

本日のブログは・・・・

 

アイスランドの雄大な絶景をご紹介したいと思います♪

 

写真集から抜粋・・・かのようですが、実は♪

 

ご旅行をかねてアイスランドを訪ねてこられた素敵なお二人。

ご帰国されたばかりのお疲れのところを

サロンにお出かけくださって楽しいお話を聴かせてくださいました♡

 

白夜がつづくアイスランド。気温も6℃くらいまでしか上がらないとのことで

ダウンコートが必要なほどなのだそう。

このときのためにと

そろって国際免許を取得されていて

レンタカーを借りられて、どこまでもつづく荒野や

慣れない道のりを何千キロも走破されたお二人。

車線が反対なだけでも戸惑ってしまいそうですが

すれ違うのもやっとくらいの、大自然いっぱいの道のり。

そんな大自然いっぱいの道のりを90キロオーバーで・・・!!

ドキドキしながら運転する二人の車を

現地の人たちは120キロくらいで追い越していくというから

さらにびっくりです。

 

現地のスーパーで食料品を調達したり

キャンプ地を車でいろいろと探されながら、購入された食材を調理したり

世界中のひとびとが観光に訪れるという有名なspaでは

お風呂の中に、入浴しながらお酒なども楽しむことのできるbarがあったりと

日本では決して目にすることのない非日常がひろがっていて

とにかくとってもアクティブ&ワイルドで楽しそうでした(笑)♪

お写真やムービーもたくさん拝見させていただいて

一緒に旅をさせていただいたような気分になりました。

 

気温の低さから植物もあまり育たないとのことで

荒野のような景色につつまれていたのですが

 

そんななか

まるで二人の訪れるのを待っていたかのように広がるのは

美しい青紫のルピナスの群生。

 

ここで撮ろう♪と

寒さの中、準備されていたワンピースにヴェール、スーツに蝶ネクタイ姿に

衣装替えして

お二人だけで撮影された素敵すぎるショットの数々・・・・・

うっとりと幸せな気持ちで拝見させていただきました♡

 

そして

明るい未来を予感させるように

ふたりの後方には、大きくかかった虹が・・・・♡

 

こちらもまるでブライダルの写真集のようですね。

 

二年前の秋に、♡大切な方へのエンゲージリング(婚約指輪)のご相談に

彼お一人でお越しくださってから

素敵な彼女をご紹介いただいて、♡マリッジリング(結婚指輪)もお手伝いさせていただいたお二人

 

 

 

 

※お仕立てさせていただいたリングやお選びになった煌めきなど

♡からクリックしていただくとご覧いただけます♪

 

ずっと、お幸せに・・・・・♡

 

 

2018.07.07

雨・・・

雨がつづいていますね。

みなさまのお住いの地域は大丈夫でしょうか。

昨日まではこちらの地域も心配されましたが

今は小雨程度となっていて、サロンは通常通り営業しております。

全国的に不安定なお天気がつづくようですので

くれぐれも気をつけておすごしくださいませ。

2018.07.06

iridescence に魅せられて

今のように養殖が確立されていなかった遠い昔。

食用にと採取した貝の中から偶然、美しい光沢の真珠を目にした

数千年前の時代の人々は、きっときっと目を丸くしたことでしょう。

当時の時代の人々の心情を思うと、なんだかワクワクしてきます♪

そんな風にして見出された偶然の産物としての真珠(天然真珠)だけでしたので

それはそれは稀少なもので一部の上流階級の貴族や

王室などに受け継がれるようなものでした。

以前の記事でご紹介させていただきました圧巻の天然真珠による装飾。

 

本日は、この真珠そのものではないのですが

美しい真珠を育む母貝の方の魅力をすこしご紹介してみたいと思います♪

 

ヨーロッパのアンティークでは銀のスプーンやフォークなどをよく見かけます。

シルバーだけで仕立てられたものも多いのですが

スプーンやフォークの柄の部分にmother of pearl マザーオブパールと呼ばれる

母貝の部分を切り取って加工したものが

つけられ大流行し、当時の人々にもてはやされました。

 

ほかにもいろいろと生活の中に溶け込んでいたマザーオブパール。

鳥やちいさな動物、花や葉のかたちを模したブローチなどのアクセサリーや

現代のものよりも格段に目の詰まったしっかりとした手織りのコットン生地を

手縫いで仕立て上げるキャミソールやワンピースといったものから

男性用のワークウェア、クッションカバーや寝具のカバーなど

生活に必要なリネン類には、かならずこのマザーオブパールを削りだした

貝のボタンがつけられています。

現代でも貝のボタンはよく見かけますね。

こちらは、私のアンティークコレクション・・・というと大げさですが

120年くらい前のアンティークリネンなどに付属していた貝ボタンです。

 

眺める角度によって輝く虹色の光沢がとても素敵に映って・・・

思い起こせば、お洒落に目覚めはじめた? 10代くらいのころから貝ボタンが大好きでした。

高級なブランドの洋服には、もともと貝ボタンが使われていることが多いのですが

そんなに高価なものは買えないけれど

せめてボタンだけでもお気に入りにしたい・・・と

プラスチックのボタンをわざわざ全て貝ボタンに付け替えていました(笑)♪

お写真はアンティークのお品ですが

普通の貝ボタンは、着なくなったものからも大切に外してとっておいているので

今でもたまに付け替えたりして楽しんでいます(笑)

貝殻の内側の虹色に輝く美しい光沢(後にイリデッセンスというものであると知るのですが)

に惹かれて、これで何かを作ったら素敵だろうな・・・・なにが作れるんだろう

貝によっても色合いの出方や輝きがちがうなぁ・・・なんて

貝殻をおままごと遊びの器に見立てながら

目を輝かせて考えていた幼少期。

やっぱり好きなものって、ずっと変わらないんだな・・・と

つくづく思うのです♡

今、こうしてパールを皆様へご紹介させていただくことになったのも

もしかしたら偶然ではないのかもと思ったり。

微力ながらでも素晴らしい魅力をお伝えしていけたらと思っています♡

2018.07.05

美しい煌めきを差し色に

グリーンの煌めきのニュアンスにも幅があって

こんな美しいミントグリーンを含んだ色合いを感じさせるものもあります♡

一月の誕生石として有名なガーネット。

きっと多くの方が赤い宝石を思い浮かべられることと思いますが

こちらもツァボライトと呼ばれるグリーンのガーネット

手仕事で添えた味わいと美しいグリーンの煌めきが

素敵なハーモニーを奏でる一点物リング。

コーディネートの差し色に

あえてカジュアルスタイルにラフに添えていただくのも素敵です♡

2018.07.04

心に響く煌めきを

美しく特別なグリーンの煌めきを主役にお仕立てした一本です。

 

日々に寄り添いながら心にときめきを齎してくれるもの。

そのときどきの出逢いから、心に響く煌めきたちを紡いで仕上がる一点物ジュエリー。

あなただけの”特別な煌めき”を見つけにお出かけください♪

 

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496 497 498 499 500 501 502 503 504 505 506 507 508 509 510 511 512 513 514 515 516 517 518 519 520 521 522 523 524 525 526 527 528 529 530 531 532 533 534 535 536 537 538 539 540 541 542 543 544 545 546 547 548 549 550 551 552 553 554 555 556 557 558 559 560 561 562 563 564 565 >