2013.08.01

ときめきの宝石たち(グリーンガーネット&マラヤガーネット)

前回のデマントイドガーネットにつづき、今回はグリーンガーネット(ツァボライト)&マラヤガーネット。

これからしばらくガーネット特集します♪

 

今回はじめに、グリーンガーネット(ツァボライト)のご紹介。

前回のデマントイドもそうですが、グリーンのガーネットは希少なのでそれなりのお値段となり

大きな結晶はさらに希少です。そして、今回ご紹介の大きさが3.70ct!

なかなか出会えません。

 

Green Garnets 3.70ct 無処理 硬度7~7.5 靱性フェアー~グッド

肉眼で見える中程度のインクルージョンがありますが、この大きさと、この色合いが魅力的。

アンティーク感があって、ゴールドとよく合いそう♪優しげな雰囲気あるジュエリーに仕立てたい・・・。

そんなやさしい「ときめき」を感じます。

 

ツァボライトという名前は、ティファニーがプロモーション用につけた名前で

グロシュラライトガーネットの変種、1960年に発見されました。

エメラルドのような良質なグリーンで、耐久性もあり、処理されることもほとんどありません。

輝きもあり、おすすめです。

 

 

そして、今回2石目のときめきのガーネット♪

パイロープ・アルマンダイト・スぺサタイトが混ざり合った、ピンキッシュ オレンジの

ガーネットを指す流通名「マラヤ」(タンザニアのウンバ川で採れることから、ウンバライトとも呼ばれます)

今回ご紹介のマラヤガーネットは、非常に珍しいレッドのマラヤガーネットです。

 

Malaya Garnet 4.05ct 無処理 硬度 7~7.5 靱性 フェアー~グッド

この深みのある鮮やかな輝き!なんとも魅力的・・・。

レッド・パープル・オレンジが複雑に混ざりあったような、魅惑のレッドです。

1万ピースに1ピースぐらいといわれる、レアなレッドマラヤに

カスタムオーバルカットを施した独特の煌めきは、エキゾチック。

キラッキラッと訴えかけてくる、力強さがあります♪

こちらもおすすめです!

 

このように、ガーネットには多くのグループがあり、色合いもあり、輝きもあり

それぞれに良さがありますね~。

 

次回もときめきのガーネットをご紹介します。

オレンジ、レッド、カラーチェンジなどお楽しみに♪